以前使ったタブレットに、Acer社のIconia Tab A500があります。
アンドロイド3.2でデュアルコア。
背面はアルミのヘアライン加工で画面はゴリラガラス。
質感のとてもいいタブレットでした。
拡張性もあり、micro USBポートのほかに、フルサイズのUSBポートも備えていました。
micro SDカードスロットはもちろん、micro HDMIポートもついています(HDMIケーブルも付属)。
こんなに拡張性の高いタブレットは他には知りません。
そしてなんと、フルサイズのUSBからは他の機器に充電が可能。
タブレットから電源が取れるので、有線LANポートしかないホテルで無線LANルーターをつなぐときに、電源の心配をしなくてもいい。
ここまでは最強タブレットです。

問題は3点。
1つ目は、3GやLTEに対応していないということ。
外で自由に使えないようではタブレットの魅力は半減です。

2つ目は、専用のACアダプターからしか充電できないということ。
モバイルの荷物は最小限にしたいものです。
micro USB経由で充電できれば充電はスマホと共用できるのに。

3つ目は、マイクの感度が悪すぎる。
これではスカイプはできません。

結局、PCデポで売却してしまいました。
2年落ちでしたが、2013年8月に7,000円で売れました。

カテゴリー: ガジェット