2021年10月20日09時07分
Kindleから以下のようなメールが来ました。
「この度、kdp.amazon.co.jp で紙書籍(ペーパーバック)を出版できるようになりましたことをお知らせします。新しくなったKDPの出版方法を活用いただくことで、さらに多くの読者に作品を届け、売上を伸ばすことが期待できます。」
 
2021年10月20日12時58分
Kindleが紙書籍出版サービスを開始したといった情報がネットニュースに出ました。
早速このサービスを利用してみました。
 
2021年10月20日21時30分ごろ
紙書籍原稿をアップロード
 
2021年10月21日16時45分
紙書籍がアマゾンで販売開始
 
2021年10月21日16時52分
アマゾンで紙書籍を購入してみる
→2021年10月22日到着予定
 
システムは以下の通りです。
販売価格を例えば1000円(税込み1100円)と決める。
60%の600円が利益となる(400円はアマゾンへ)。
印刷費が400円かかり最終利益は200円となる。
 
Kindle紙書籍出版の優位性
1.無料で自費出版ができる。
2.在庫買取なしに自費出版ができる。
3.原稿が書籍としてアマゾンに陳列され手元に届くのがめちゃくちゃ早い。
 
自費出版業界や既存の出版会社を脅かすサービスだと思います。